アトピーにおすすめのシャンプー

アトピーの人は市販のシャンプーは避けよう


アトピーの人はシャンプー選びが大切です。特に市販のシャンプーはアルコール系もものが多く、見た目も綺麗で香りも良く、シャンプー後はサラサラ、つやつやがとても魅力的。しかしそんなサラサラもつやつやも、地肌や髪を痛めつける成分がたくさん入っているからこそ、シリコンなどでコーティングしているだけなのです。つまり薬品で痛んだ髪の毛や地肌を、また薬品でその場だけごまかしているとも言えるでしょう。

そんな薬品をたくさん使ったシャンプーがアトピー肌に良いわけありません。それは地肌や毛髪だけではなく、顔や首、肩、背中、腕などにも影響を与えます。そのためシャンプーをアトピーの人にも、安心して使える品質のものにチェンジすることこそとても大切なことなのです。

最近ではアミノ酸系のナチュラル成分中心のシャンプーも、市販でも少し出回るようになってきました。しかし種類が少なく、本当におすすめのものはやっぱり市販よりネット販売で購入できるものが多いのではないでしょうか。

まず合成界面活性剤が含まれていないものが重要です。その上合成着色料や香料、保存料なども、できるだけ天然の成分のものを選びたいものです。またうっかり間違えやすいこともあります。それは最近アルコール系のシャンプーでありながら、天然成分が配合されているということで、「天然成分配合」ということを大きく謳っているものがあります。

もちろん天然成分が配合されていることは嬉しいことですが、基本的にアルコール系シャンプーであればあまり意味がありません。アミノ酸系のシャンプーであることを確かめて購入しましょう。


アトピーと頭皮


アトピーを発症している人が今とても増えており、赤ちゃんの頃から発症している場合も多く、最初は乳児性湿疹と見分けがつかないとも言われています。アトピーは頭皮からスタートして、だんだん下に広がっていくことが多いと言われていますが、酷く出るところ人それぞれ。

しかし特に頭皮に出る人は多く、かゆみが強く、フケも多く出るため不潔に見えてしまうこともあります。また抜け毛も多くなり、どうしても薄毛に悩む人も多いと言われているのです。

かゆみには末梢性と中枢性の2つのタイプがありますが、アトピーの場合は末梢性のもので、皮膚内側の炎症によってかゆみが起こります。皮膚の内側に異物が入ることで起こるかゆみは、異物に対しての免疫の暴走による炎症が原因です。

そして日常的に本来なら問題のない物質に対して免疫が働き炎症を起こし、それによってかゆいという症状が耐えません。肌は乾燥しとても敏感な状態になるため、ますますアレルゲンに敏感になり、他の刺激にも敏感に反応してしまいます。

原因はいろいろありますが、体質的な遺伝を持っている人が発症する場合も多いといわれています。ただし体質的な遺伝を持っていない人でも発症し、原因はまだはっきりしていません。しかしアレルゲンは検査で確認できるので、アレルゲンを避けることが一番大切なこととなります。

原因はいろいろありますが、頭皮アトピーの原因には毎日使い続けているシャンプーも問題視されているのです。現在当たり前のように使われているアルコール系のシャンプーは合成界面活性剤を使用し、多くの添加物によって作られています。

これこそが刺激が強く、長く使っていくうちにアレルギーを引き起こす原因の1つになるとのこと。もちろんいろいろな原因の中の1つですが、アトピー予防やアトピーの改善のためにも、合成界面活性剤を使用せず添加物にこだわったアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

頭は毎日シャンプーしなければならず、刺激の弱い質の高いシャンプーに切り替えることはとても大切ではないでしょうか。そして今後の育毛のためにも、まずシャンプーからの見直しを考えてみましょう。

通常シャンプーとの違い


今、頭皮に安全で優しいとアミノ酸系シャンプーに替え、今まで一般的に使われていたアルコール系シャンプーを使用しなくなった人も増えてきています。今まで合成界面活性剤の皮膚への影響は問題もないと言われ泡立ちの良さ、合成香料によるいい香り、シリコンによるツヤとサラサラ感、価格の安いアルコール系シャンプーが人気でした。

しかし合成物質の添加物だらけのアルコール系シャンプーを長く使用してきた人たちに、アレルギーや抜け毛などいろいろなトラブルが出てきたことから、今アミノ酸シャンプーに切り替える人が増えているのです。

実際にアミノ酸系シャンプーに切り替えると、抜け毛が減ったり、毛の質が良くなったり、頭皮の痒みがなくなったりと、多くの人が体験しています。アミノ酸系シャンプーは合成界面活性剤を使用せず、天然由来の植物性界面活性剤を使用し、オーガニック100%、無添加のものがほとんど。だから肌に優しく、使用してもしみないということを実感した人も多いはずです。

また保湿力も高く洗い上がりもしっとりし、ノンシリコンでも美しいツヤやハリ、サラサラ感が実感できます。アミノ酸系シャンプーはアルコール系シャンプーと違い、コーティングによって嘘の美しさを作り出すシリコンなどを使用せずに、髪本来の美しさをつくっていくのです。

そして天然由来のアロマ香料を使用し、心地の良い香りが心まで安らぎます。また泡立ちも良く、低刺激とメリットばかりです。1つデメリットと言えば価格的なところでアルコール系シャンプーには負けてしまいます。「シャンプーはたたき売りのような安いもの」という意識を変える時代が来たのではないでしょうか。

毎日ずっと使うものだからこそ、危険のない髪のためになるアルコール系シャンプーを選びたいものです。ただし最近はアルコール系のシャンプーでも、ノンシリコンや天然成分配合というものがあります。しかし天然成分配合ではなく、天然成分100%でなければ意味がありません。またノンシリコンでも、シリコンの匹敵する化学物質が使われているので注意しなければならないのです。

シャンプーの成分


アトピー向けのシャンプーというと、天然成分でつくられたアミノ酸系のものがほとんどです。そこでアトピー向けシャンプーに使用されている成分についてご紹介しましょう。もちろん単体配合シャンプーから複数種類配合シャンプーまでいろいろあります。

アミノ酸(界面活性剤)…アミノ酸界面活性剤は、アミノ酸系シャンプーに使用されている、いわゆる洗浄力の主体となる成分です。アルコール系シャンプーでは、天然アミノ酸系界面活性剤の代わりに合成界面活性剤が使用され、アレルギーや薄毛などのいろいろなトラブルを引き起こす原因と考えられています。アミノ酸系界面活性剤の原料は、オリーブ油、ヤシ油、椿油、牛脂、馬油などの植物性や動物性の油脂です。この油脂はグリセリンと脂肪酸に分解することができ、この脂肪酸こそアミノ酸系合成界面活性剤の原料なのです。アミノ酸と脂肪酸を反応させたものをアルカリで中和をさせて作られる天然界面活性剤は、ココイル系、ベタイン系、メチルアラニン系などに分かれていますが、それぞれ体と同じアミノ酸による構成成分なので肌に優しく安全です。

馬油…馬油は日本語読みでは「ばーゆ」、中国語読みでは「まーゆ」と読みます。馬の油脂から作られたオイルです。抗酸化力の高い「オレイン酸」、皮脂量調整効果のある「パルミチン酸」、不飽和脂肪酸で肌老化を防ぐ「パルミトレイン酸」、同じく不飽和脂肪酸で血行を高め肌荒れのトラブル改善効果のある「αリノレイン酸」や、バリア機能を高め保湿効果の高い「リノール酸」などが含まれています。馬油の飽和脂肪酸:不飽和脂肪酸は4:6の割合となっていますが、人の皮膚も同じく4:6なのでとても肌に馴染みが良いと言われており、高い保湿力を持ったオイルとして、シャンプーだけでなくスキンケア商品にもいろいろ使われています。

セラミド…セラミドは私たちの体内でも生成されている成分で、皮膚細胞や関節などに多く存在しています。肌の中でも最も表面に近い部分の角質層に豊富に存在し、保湿効果があり角質層を整え、肌を紫外線や外敵などから守る働きがあります。特にアトピーの人は角質層がボロボロになっていることが多く、セラミドがしっかり含まれているシャンプーは乾燥した頭皮には是非おすすめの成分です。セラミドはコンニャク、ユズ、米などに含まれている植物性のものと、プラセンタなどに含めれている動物性のものなどがあります。

椿油
ネーミングどおり椿から抽出したオイルです。昔から髪の毛に良いとされ、髪の毛に塗られていました。人の肌に多く存在している「オレイン酸トリグリセリド」を多く含んでいるため、肌とはとても馴染みが良く、刺激の少ないオイルとして頭皮ケアにも人気のある成分です。アトピーには昔から良いと言われており、アトピー用の石鹸やシャンプーなどにも使用されています。

フコイダン…フコイダンは昆布、ワカメ、モズクなど褐藻類に含まれているヌルヌル成分の中に含有されている成分です。食物繊維の一種ですが、バリア機能が高く肌を保護すると言われおり、また自己治癒力を高める効果があり頭皮のトラブルを改善します。またとても高い保水力、保湿力があることも分かっているのです。そのためフコイダンをシャンプーに配合しているシャンプーも多く、業界でも注目の成分です。

アロエエキス
アロエはとても強力な殺菌力と抗炎症力があることでも知られています。また保湿力も高く、これらの効果がアトピーの治療にも使用されており、シャンプー成分としても人気があります。

天然香料…やはり無香料ではちょっと寂しいですね。でも香料は刺激が強い。そこで天然アロマオイルなら頭皮にも優しく、癒し効果もあります。良い香りで癒し効果があるアロマオイルとしてローズマリー、ラベンダー、ユーカリ、オレンジなどがアトピー向けシャンプーでは人気です。

ティーツリーオイル
オーストラリア原産のフトモモ科の常緑樹の葉で、昔から葉を砕いて傷を治す民間療法薬としても使われていました強力な殺菌力と抗炎症力を持った成分です。またアロマとしても使用されており、ユーカリのような清涼感のある香りがあります。

桜葉エキス…ソメイヨシノの葉から抽出したエキスで、メラニン色素抑制効果保湿効果、抗炎症効果、殺菌効果などがあります。

甘草エキス…マメ科の甘草の根や茎から抽出されたエキスで高い抗炎症作用があり、医薬品などにも使用されています。また育毛にも有効であると言われています。

びわ葉エキス…枇杷の葉から抽出したエキスで、昔から民間療法としても使用されていた薬効が認められています。消炎効果や収斂効果があり、毛穴の引き締め効果もあります。

シルク抽出液…シルク抽出液は絹の皮膜が頭皮をガードします。また髪のキューティクルも保護する効果があります。シルク抽出液は絹繊維から抽出したタンパク質で、皮膚と同じアミノ酸構造をしているため、皮膚と馴染みがとても良く、医療の分野にも使用されているのです。

ハチミツエキス保湿効果が高く、また殺菌力にも優れています。そのためシャンプー成分としても肌に優しく作用します。

アトピーの人のシャンプーや石鹸について


アトピーの人のシャンプーや石鹸について考えるときに、まず基本は刺激が強くないものです。刺激が強いということは、いわゆる合成界面活性剤を使い、合成保存料や合成着色料、合成香料などが使われています。これらの薬品を少しでも体に付けないことが大切なのです。

アトピーの人でなくても、アトピーを引き起こしてしまう原因とも言われているのが、シャンプーや石鹸は圧倒的にアルコール系の薬品の塊のようなものがほとんどです。最近はその恐ろしさが伝えられるようになり、やっと質の良いナチュラルなものが増えてきています。しかしアルコール系の方が香りが素敵だったり、価格も安く使いやすいということでまだまだ人気はあります。

しかし小さい頃からこれらを長年使ってきた人が、最近アトピーになったり、薄毛になったり、いろいろなことが起こっています。現実にシャンプーや石鹸をナチュラルなものに替えただけでも、症状が良くなってきたという人もたくさんいるのです。

実際にチェンジして、自分の体で体感した人は、二度と今までのシャンプーや石鹸には戻れないといわれています。それほど今までのアルコール系のシャンプーや石鹸をやめてみて、初めて悪い影響がこんなにあったのかということが分かるはずです。ましてアトピー皮膚炎などで悩んでいる人は、すぐにでもアルコール系のものは使わない、そしてすぐにチェンジしてナチュラルなものに替えましょう。それだけでもアトピーの悪化が治まる可能性だってあるのです。

アトピー向けのリンス・コンディショナー


アトピーの人は当然、シャンプーの際には、頭皮にも注意しなければなりません。そのためアトピー人にも合ったリンスやコンディショナーを使用することも大切です。特にシャンプーやコンディショナーには添加物がたくさん使われている物が多く、アトピーの人の頭皮にはとても刺激が強いため症状を悪化させてしまいます。そのため低刺激のものがおすすめですが、低刺激シャンプーやコンディショナーはたくさん出回っておりどれを選んでいいのか分かりません。そこでまず洗浄成分をチェックするようにしましょう。

洗浄成分にはいろいろなタイプがありますが、人間はタンパク質でできていることから、アミノ酸系洗浄成分はとても刺激が少なくアトピーの人の頭皮にもおすすめです。ただし価格的に高い傾向にあり、一般的なシャンプーに比べて高めになります。しかしアミノ酸シャンプーやコンディショナーはそれぞれこだわって作られているものが多く、無添加のものなどいろいろ揃っており、頭皮や毛髪の健康にも良いものがたくさん存在しています。

逆にアルコール系シャンプーは洗浄成分も合成界面活性剤などを使用しているので、とても刺激がありアトピーにとっても良くありません。特にラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの成分には注意しましょう。また、とても質の高いシャンプーやコンディショナーであっても、人によって相性もあるので、もし合わない場合は他の質の良いシャンプーやコンディショナーを選び直すことも大切です。

他にもアトピーの人のために作られたリンスやコンディショナーもあります。やはり質の良いものをいろいろ使って自分に合ったものを探してみるのも大切なことではないでしょうか。

アトピーの人に赤ちゃん用シャンプーもおすすめ


アトピーの人の場合、シャンプーを考えることはとても重要です。シャンプーは頭皮だけでなく、どうしても顔、首、肩、腕、背中などにも流れるため、体中の皮膚に刺激を与えてしまいます。特に一般のシャンプーの場合は、薬品の塊。見た目は綺麗で、香りも良く、使えばつやつやになって、あまり良くないと思いながらも使ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし色も香りも艶もすべて薬品によって作られたものです。そのうえ合成界面活性剤はアレルギーを引き起こしやすい成分です。もちろん合成の添加物もアレルギーを引き起こします。特にアトピーの人はそんなシャンプーはただちにやめることが大切です。

そこでナチュラルな成分のシャンプーを選ぶようにしたいものですが、どのようなナチュラルシャンプーが良いか分からない場合、赤ちゃん用シャンプーもおすすめします。赤ちゃん用のものには、合成添加物も合成界面活性剤もほとんどのものは使用されていません。そのためアトピーの人の敏感肌にはとてもおすすめなシャンプーと言えるのです。

子供シャンプーの成分


シャンプーはアトピーなどのアレルギーの原因になるということで、今まで大半の人が使用していたアルコール系のシャンプーからアミノ酸系のシャンプーへ替えている人も増えています。また子供用のシャンプーもアミノ酸系シャンプーが増えています。

アミノ酸シャンプーには、大人用のシャンプー、乳児用のベビーシャンプー、幼児用シャンプー、それに男性の薄毛に対応したメンズ用シャンプーなどいろいろ出回っています。

特に乳児用や幼児用のシャンプーは成分も優しく、安全性が守られていると言われていますが、現実には合成界面活性剤や添加物を使用しているアルコール系のものがたくさんあります。幼児用のシャンプーは大体1歳、2歳、3歳ぐらいまで使用している場合が多く、この年齢の子供が使っても安全だと言われている含有量を守って使用されています。

しかし大人用のアルコール系シャンプーであっても、当然安全基準を守った含有量となっていても、長く続けた結果、後になってアレルギーや抜け毛などの影響が出てきているわけです。このようなことを考えると、ベビーから幼児が使用するシャンプーは、特に安全性の高いアミノ酸系のシャンプーを使用したいものです。アミノ酸系のシャンプーには合成界面活性剤は使われず、天然由来の天然界面活性剤を使用し、他の添加物も無添加となっているので、本当に安心して使用できるのです。

最近は乳幼児のうちにアトピーを発症する子供も多く、他にもさまざまな理由から起こる乳児性湿疹なども多く、肌はとても敏感です。また乳幼児はマシュマロのような肌と言われますが、実はまだまだ角質層が未熟なため、乾燥しやすい状態にあり、とても敏感肌になのです。頭皮も同じようにとても敏感になっているので、合成界面活性剤などが使用されているシャンプーは絶対に避けたいところです。そして天然成分100%、無添加の質の高いシャンプーを使うようにしてあげたいものです。

シャンプーを口コミで確認すると


アトピー肌の人はシャンプーもナチュラル100%のアミノ酸系シャンプーにすべきではないでしょうか。その理由はアルコール系シャンプーは、化学物質と添加物で作られているようなものだからです。キレイなボトルや良い香りだけに惑わされない人が、今どんどん増えています。

特にアトピーや敏感肌の人にはこのようなシャンプーは必須ではないでしょうか。そしてアトピーに向いているアミノ酸系シャンプーの評価を2chの口コミ、ブログ、知恵袋などからチェックしてみましょう。そして人気シャンプーランキングからは、いろいろ比較することができおすすめの商品を選ぶこともできます。

まず2chやブログの口コミでは、今までのアルコール系シャンプーと比較して、抜け毛が減った、痒みがない、すっきり洗えるなど良い評価の口コミが多く見られます。そして「大手メーカーは今まで質の悪いシャンプーを、当たり前のように売り続けていたのか!」など2chならではの自由な意見も見られました。

また知恵袋などでもアトピー肌の人のシャンプーについての質問では、さまざまな質の良い天然100%のシャンプーが紹介されています。またアミノ酸シャンプーの人気ランキングでは、数々の天然100%シャンプーが紹介されており、特徴などもわかり自分にあったものが選びやすくなっているのです。

アトピーにおすすめのシャンプーは口コミも参考に


アトピーの人の場合、入浴の石けんやシャンプーなども、しっかり考えることが大切です。特に一般のシャンプーはアルコール系の物が多く、いわゆる石油製品や化学薬品でできているものです。髪や地肌のためには良いことは1つもなく、最近の薄毛や皮膚炎、アレルギー性皮膚炎なども、それらの影響があるとも言われています。

特に子どもの頃から何十年も使っていることによって、頭皮が痒くなったり赤くなったり、皮脂分泌異常が起こったりと、そこからアトピーになっていく人もいるほどです。そこでできるだけアミノ酸系の自然成分で作られたシャンプーを選ぶようにしたいもの。特に今現在アトピーの症状が出ている場合は、できるだけ早く質のよいシャンプーに替えることが大切ではないでしょうか。

質の良いシャンプーを選ぶ場合、まずナチュラル成分のものであること。そして合成界面活性剤や、合成着色料、合成保存料などもフリーのものを選ぶようにしましょう。とはいっても最近はアミノ酸系のシャンプーもとても数多く出回るようになりました。それによって、本当に良いものが分からなくなるほどです。

そこで口コミも参考にしてみましょう。もちろん口コミが必ず正しい意見とは言い切れず、あくまでも参考にする程度と考えるべきです。しかし口コミの信頼性のあるサイトの口コミをチェックしたり、多くの人の口コミを見ていると、やっぱり大体の傾向が見えてきます。当然口コミを寄せる側に悪意がなくても、人それぞれ感じ方も違うので、すべてを鵜呑みにはできません。しかし全体的にざっくりと、人気があるものは見えてくるはずです。

またサイトの口コミだけでなく、友達や知り合いからの口コミもまた信頼性が高く大切にしたいものです。もし同じアトピーで悩んでいる知り合いなどがいたら、その人たちのおすすめのシャンプーなども聞いてみるといいかもしれません。とにかく多くの人が良いというものはやはりそれなりに良いと言えるのではないでしょうか。

シャンプー買える場所


アトピーの人にとって、シャンプーは重要です。一般のアルコール系のシャンプーは合成界面活性剤や合成保存料、合成着色料、合成香料など、添加物のオンパレード。そのためアトピー肌の人にとっては凶器とも言えるのです。

そのためアトピー肌でも安心して使えるシャンプーを使用しましょう。アトピー肌でも使用できるシャンプーというと、やはり無添加のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。髪の成長、ツヤなど髪のためにも抜群の効果を持つアミノ酸系シャンプーは大人気となっています。

そのため購入方法もいろいろあり、ドラッグストアや薬局などから市販として出回っているものもあります。しかし現在は質の高い良い品がネットでも購入できます。ネットでの販売品は種類も多く、また市販されている商品であっても、ネットサイトで定期コースやまとめ買いを利用すると格段にお得に購入できるというメリットもあるのです。

そして樂天やアマゾンのように大型ネットショップなどでは、アメリカの人気天然シャンプーも購入することもできます。特にサプリ大国のアメリカでは、アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)FADという厳しい機関が目を光らせているため、健康食品、化粧品、シャンプーなど、日本よりずっと安全で高品質のナチュラル100%のものもたくさん出回っているのです。

アトピー向けシャンプーの使い方


アトピーの人はまずシャンプーをしっかり選ぶことが大切です。例え頭皮にあまり症状が出ていなくても、シャンプーの刺激で症状が引き起こされることもあります。またアトピー向けのシャンプーを使用しないと、首、顔など全身にシャンプーが飛び散るため、乾燥肌は激しく反応することも。特に一般のシャンプーを使用すると洗っている手も痒いため、手袋を使わないと出来ないという人も。そして当然アトピーは悪化の一途をたどります

そのためシャンプーはアトピー向けシャンプーを使用しましょう。またアトピー向けシャンプーでも成分はいろいろで、一般のシャンプーより添加物が少ない程度のものもありますが、やはり毎日使うシャンプーなので、天然成分100%無添加のものを選びたいものです

またアトピーの場合シャンプー以外、トリートメントやコンディショナーを使わないという人が多いと思います。しかし今はアミノ酸系の天然成分100%のアトピー向けのシャンプーにトリートメントが含まれているものや、天然100%無添加のコンディショナーなどもあるので、使用してみてはいかがでしょう。このように刺激が弱く、安心成分でできたコンディショナーなどなら使用頻度も髪の状態に合わせて使用できます

アトピー頭皮はとにかく乾燥して敏感になっています。そのためシャンプーの方法も注意したいものです。熱めのお湯でシャンプーした方が、刺激があって気持がいいという人もいます。しかしそれは逆効果になってしまうので、ぬるま湯の37〜38度程度のお湯でシャンプーしましょう。

そして洗い方もゴシゴシせずに、優しく泡洗浄するようにします。またシャンプーの頻度は1日1回がベストです。フケが多く出るため、1日何回もシャンプーをしたいと思っても、それは逆にもっと乾燥を酷くしてしまいます。また刺激を与えたくないからと言って、何日もシャンプーをしないと、汚れによって乾燥が酷くなることも。そのため1日1回のシャンプーは理想的なのです。

アトピーにおすすめ、アミノ酸シャンプー


アトピーの場合、保湿クリームや石鹸なども重要ですが、それと同時にシャンプーも大切です。特にアトピーの人は頭皮にも発症することが多く、頭が痒くてたまらないなんていうことも。一般の人でも今まで当たり前のように販売されてきたアルコール系の薬品のかたまりのようなシャンプーでは、痒みや抜け毛、アトピーの原因にもなっていると言われています。

そこでアミノ酸シャンプーなら天然100%のものが多く、刺激も少なく、石鹸シャンプーのようにきしみもありません。ホホバオイルなどの天然オイル使用なので自然に髪に艶が戻ってきます。地肌にもしっかり栄養が行き渡り、元から髪が成長していくというもの。アトピーの人は是非、添加物ゼロの質の高いアミノ酸シャンプーを使用するようにしましょう。ここではアトピーにもおすすめの人気アミノ酸シャンプーをご紹介したいと思います。


★ haru黒髪スカルプ・プロ
「抜け毛」「白髪」「育毛発毛」のケアがこれ1本でできるオールインワンシャンプーで合成香料・着色料不使用、カチオン活性剤不使用、石油系界面活性剤など不使用の100%天然由来のノンシリコンシャンプー!しかも、ノンシリコン特有のキシキシ感もなく、泡立ちがいいので指どおりも滑らかでリンス不要で時短&コストパフォーマンスも申し分ありません。安心の日本国産シャンプーで柑橘系の香りが特徴です。累計販売本数40万本突破した人気商品です。


【価格】 3600円ですが定期購入で2880円で買えます
 公式サイト 〉〉〉 https://www.haru-shop.jp/lp/scalp/170113/index.html


  




アトピーにおすすめのシャンプー


アトピーの場合はシャンプーも刺激の少ない、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。一般に市販されているものはアルコール系のものが多く、薬品で作られているようなもの。アトピーでない人も長年使っていることでアトピーを発症するリスクも高まるほどです。

もちろんアトピーの人は、アルコール系のシャンプーを使えば痒くて眠れなくなるでしょう。アトピーのの場合、大敵は乾燥と刺激です。アミノ酸系シャンプーの多くは無添加にこだわり刺激を極力少なくし、保湿も強い内容となっています。その上、頭皮や毛髪にも栄養が行き渡り元気な髪が育ちます。またシャンプー剤は意外と腕や背中に流れて行くため、アルコール系のシャンプーはアトピーの人にとって体の皮膚にもリスクが高くなります。

そこでアトピーの人でも安心して使えるアミノ酸系のシャンプーをご紹介したいと思います。特に人気の高いシャンプーは、市販では手に入らない通販専門のものが多いようですが、定期コースなどを利用するとよりリーズナブルになってお得に購入できます。そしてやっぱり相性もあるので、最終的には使ってみて皮膚のかさつき、痒み、赤みなどをチェックしましょう。


ナンバースリー イルガ 薬用シャンプー(株式会社ナンバースリー )サロン専売シャンプーは多くの人に、その品質の良さとアトピーの人にも安心なシャンプーとしても人気があります。香料や防腐剤など一切含まれていないアミノ酸シャンプーです。
【価格】 500mlで3000円(税抜)

スピノワ ホイップドソープII(スピノワ)
クリームタイプのシャンプーですが、ほんの少しで泡立ちが良いのにきっと驚くことでしょう。キメの細かいクリームのような泡立ちが優しく頭皮や毛髪を包みます。カツミレ油、オタネニンジンエキス、天然コラーゲン、ビートエキスなどゴージャスな成分がタップリ配合。敏感肌、アトピーなどの人にも安心して使えるシャンプーです。
【価格】 200gで4300円(税抜)

ミレアムシャンプー(デミコスメティクス)
弱酸性で天然也氏由来の低刺激活性剤配合。そのため落ちもしっかりしているので男性にも人気です。毎日何十人というシャンプーを行う美容師さんの肌を考えて作られたシャンプーとのこと。お肌に優しいことと、プロが使えるシャンプーとしての働きのダブルの効果。もちろんアトピーの人にも人気です。
【価格】 800ml入り2000円(税抜)

ル・スピノア化粧品 ホイップドソープ(ディープ研究所)
全身一枚の皮という考え方なので、体からシャンプーまですべてこれ一つでOK。肌は内臓の一部と考え、できるだけ肌ストレスを与えない。肌の働きを邪魔せずサポート。肌の力を蘇らせることを1番とし、余分なものを与えない。素肌を大切に尊重するという4つの理念で作られています。
【価格】 1本(チューブ)4,300円(税抜)

アトレージュAD+ マイルドヘアシャンプー(アンズコーポレーション)
フランス産の天然ラベンダーの香りが心までいやしてくれます。また必要な潤いはそのままにして、すっきりと気持ちよく洗い上がるところも魅力です。アミノ酸シャンプーとして毛髪に栄養をしっかり行き渡らせ、余分な刺激はありません。敏感肌、アレルギー肌、頭皮のフケ、かゆみなどの悩みのある人におすすめです。整肌成分にはクララエキス サンショウエキス ラベンダー油、機能性保湿成分にはハマメリスエキス、ダイズエキス、シソエキス。
【価格】 ベタインポンプタイプ390ml2,800(税別)

守り髪ベースメイクシャンプー(株式会社ティエラコスメティクス)
徹底的に痛んだ髪をつくりかえるシャンプーです。髪が細くなった、ハリがない、ツヤがないなどの髪のためにはやっぱりアミノ酸シャンプーに行き着きます。モロッコにのみに生息するアルガン樹のオイルをたっぷり配合。モロッコの先住民から大切に使われてきたオルガンオイルは髪を修復してくれます。他にもシアバターや加水分解シルクなども配合。刺激の少ない天然成分で綺麗な髪のためにもおすすめです。
【価格】 通常価格2800円

CUオーガニックノンシリコンシャンプー(株式会社ソーシャルテック)
ノンシリコン、パラベンフリー、合成化学物質フリーのアミノ酸シャンプー。髪のプロである美容師、毛髪診断士による開発でできた濃密スカルプシャンプーです。はり、こし、潤い、ツヤ、スキンケア、肌バリアとすべてが考えられたバランスの良いリッチなシャンプーです。セージ、ローズマリー、キュウリ、タチジャコウソウ、ラベンダー、セイヨウサンザシ、アルテア、カミレツ、ごぼう、トウキンセンカなどが配合。
【価格】 定期便価格3280円

ハーフガーデン(さくらフォレスト株式会社)
天然由来100%、超リッチのアミノ酸シャンプーです。ノンシリコン、石油系界面活性剤、合成香料、着色量、保存料一切不使用。なんと38種類の植物エキス配合。美容成分はオーガニックエキス、香りは天然アロマ精油、防腐は天然植物エキスで作られています。また南阿蘇のローリエ、ヨモギ、ミント、ローズマリー、バジル、カモミール、すぎなもたっぷり配合。他にもモンゴンゴオイル、バオバブ種子、白きクラゲ多糖体、ソープナッツエキス、バージンココナッツオイルなど高級成分など、徹底的に髪を考えた成分を配合。
【価格】 希望価格2カ月分8000円


アトピーの根本解決を目指すなら「アトピー改善ガイドブック」


アトピー向けサプリメント  アトピー向け美容液  アトピー向け入浴剤  アトピー向けシャンプー